敬友農場トップ > 新着情報一覧 > 今!堆肥舎は熱い(暑)

新着情報詳細

今!堆肥舎は熱い(暑)

2012/07/14

順調に堆肥は完成度を増しています。
発酵時は60℃~70℃熱くなる。ある程度の雑菌は消える。臭気は少ない。
如何しても毎日出る生堆肥(糞)は臭気がある、すぐに古い(完成)堆肥を被せる、このように新、旧、新、旧とサンドウッチ様に挟み込む、4~5日貯めこみ撹拌する。
元々糞(とんぶん)は臭いものです、餌が胃、腸、内で分解され消化し肉、血、骨、成長、エネルギーとなる。その時の腸内で腸内細菌が活躍し餌を分解する時に代謝産物として独特の臭気が出る。
堆肥は好気性発酵の場合は悪臭成分は減るが嫌気性発酵は悪臭は増える。
(硫化水素、アンモニア、インドール、その他、悪臭の元)

◎外気温  涼しく感じる  真夏の堆肥舎

今!堆肥舎は熱い(暑) 今!堆肥舎は熱い(暑) 今!堆肥舎は熱い(暑)

新着情報